• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一年諦めて」 堺雅人が柴咲コウへ大河リレーで“珍忠告”

 好調な視聴率を物語るかのように、会場は多くの報道陣でゴッタ返していた。

 25日に行われたNHK大河恒例の主演同士によるバトンタッチセレモニー。残り3回の放送となった「真田丸」は、平均視聴率15%以上の人気を博し、“看板ドラマ”としての復権の兆しをみせている。その立役者のひとりである堺雅人(43)から、次回作「おんな城主 直虎」の柴咲コウ(35)へのアドバイスは、演技や生活習慣より切実だった。

「いろいろな方に不義理をした。友達にもほとんど会わなかった。一年は諦めた方がいいよ。柴咲さんも不義理をするということで、友達に待ってもらってください!」

 真田幸村が14年間の幽閉生活を送った紀州九度山特産の柿とともに、次の主演の座を譲り受けた柴咲。堺とは異なり、歴史上ほぼ無名である主人公・井伊直虎を演じるプレッシャーは計り知れないが、「真田さんのようにいろいろな方に認知してもらえるいい機会にしたい」と頼もしく抱負を語っていた。「尼さんの衣装も着慣れてきました」とも言っていたが、一年間はおしゃれやプライベートは後回しか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る