WBC1次ラウンド視聴率 侍J戦は前回、前々回と比べダウン

公開日: 更新日:

 今週開幕したWBCの視聴率が順次、発表されている。視聴率が高い時間帯では、7日のキューバ戦は19時45分から205分間が22.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同じ)、8日オーストラリア戦は19時34分から178分間が21.2%。テレビの視聴率が下がっている中では好調といえるが、過去の1次ラウンドと比べると……。

 前回2013年はブラジル戦25.4%、中国戦23.2%、キューバ戦22.8%と今回はややダウン。ちなみに、09年は中国、韓国2戦で28.2%、37.8%、33.6%。

 7、8日に放送したのはTBSだが、筒香や中田が打って盛り上がった割には視聴率はイマイチだったかも。それにしても放送時間が長すぎて、あらためて地上波向きではないと感じた人も多かったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  9. 9

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る