大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

評価ポイントは3つ 「キングコング」新作はここが面白い

公開日: 更新日:

「キングコング 髑髏島の巨神」が好調だ。すでに興行収入12億円を超え、最終で20億円突破が確実になった。大ヒット続出のアニメーションが席巻する春興行の中、この成績は大健闘である。

 戦前の古典的な作品はともかくとして、キングコング映画で思い出深いのは、金髪のジェシカ・ラングが全盛時の美しさを見せた「キングコング」(76年)だ。東宝東和の派手な大宣伝も功を奏し、興収に換算すると優に50億円を超える大ヒットを記録した。

 思い起こせば、直近の「キング・コング」(05年)は、同23億5000万円だった。決して悪い数字ではないが、東宝東和版クラスの興収を狙っていた配給のUIP(ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ)にとっては、少々不甲斐ない結果だったといえる。著者自身もドル箱コンテンツが、他のハリウッド大作並みになったかとがっかりしたものだ。その点、最新作は大激戦の春興行という状況を考慮すれば、前作以上の支持を集めたといっても過言ではない。作品自体のクオリティーもいい。評価する点は3つほど挙げられよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  7. 7

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  8. 8

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  9. 9

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る