大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

評価ポイントは3つ 「キングコング」新作はここが面白い

公開日:

「キングコング 髑髏島の巨神」が好調だ。すでに興行収入12億円を超え、最終で20億円突破が確実になった。大ヒット続出のアニメーションが席巻する春興行の中、この成績は大健闘である。

 戦前の古典的な作品はともかくとして、キングコング映画で思い出深いのは、金髪のジェシカ・ラングが全盛時の美しさを見せた「キングコング」(76年)だ。東宝東和の派手な大宣伝も功を奏し、興収に換算すると優に50億円を超える大ヒットを記録した。

 思い起こせば、直近の「キング・コング」(05年)は、同23億5000万円だった。決して悪い数字ではないが、東宝東和版クラスの興収を狙っていた配給のUIP(ユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ)にとっては、少々不甲斐ない結果だったといえる。著者自身もドル箱コンテンツが、他のハリウッド大作並みになったかとがっかりしたものだ。その点、最新作は大激戦の春興行という状況を考慮すれば、前作以上の支持を集めたといっても過言ではない。作品自体のクオリティーもいい。評価する点は3つほど挙げられよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る