スパローズ森田 大家さんを激怒させた6畳一間の6人暮らし

公開日:  更新日:

 それだけじゃないんです。何とそこへ相方の彼女も来ちゃった。しかも、ペットのプレーリードッグを連れて。さすがに一度に寝れませんから、アルバイトのシフトを昼組と夜組に分けて、3人ずつ寝ることにしました。

 相方の彼女はタフでしたね。ある深夜、ふと目が覚めて起きたら、ミニキッチンの前で彼女がパンティー一枚になって、タオルで体を拭いてる。風呂とかシャワーがないから(笑い)。そんな環境でも居続けるんですから。ある意味、まあ、男勝り。そこから最初に逃げ出したのはプレーリードッグでした。押し入れで飼ってたけど、6人もいるのがよほどストレスだったんでしょうね。

■「靴が多い。通夜じゃないんだから」

 ここは家賃が月3万5000円。なぜか、ほとんど僕が払ってました。居候にも払わせたらよかったのかもしれないけど、福岡時代から僕の部屋は仲間のたまり場になってましたから、家賃をシェアするって感覚がなかったんですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  5. 5

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

もっと見る