バツイチで孤軍奮闘の高島礼子 “高知東生の影”は完全払拭

公開日: 更新日:

 女優の高島礼子(52)が26日、都内で行われた「母の日参りパートナーシップ」プレス発表会に登壇。公募された亡き母に関する三行詩を朗読し「私もそういう母親になりたかったな」などと母との思い出を語った。

 20歳で母を亡くし、34歳の時に元夫の高知東生(52)と結婚。だが、昨年6月に高知が覚醒剤所持で逮捕され、同年8月には17年の結婚生活にピリオドを打った。高知は今年4月にエステサロンを再開。看板は出さず飲食店の女性たちに営業をかけていると報道され、改心の様子も見られないともっぱらだ。

 一方、高島には“離婚して正解”の声が上がっている。芸能リポーターの川内天子氏はこういう。

「謝罪会見の誠実な受け答え、覚醒剤使用に関して全く知らなかったこと、夫への未練を断ち離婚を選んだことなどで高島さんへの同情票が集まりました。今回のイベントに登壇したことで、みそぎも済んだと考えていいでしょう。環境も落ち着いてきていて、10月期にドラマ復帰する可能性もあります。バツイチになったことでプロデューサー、不動産関係者など高島を狙う男性たちのウワサもありますが、今までの高島さんなら恋は封印し、イメージ回復を優先するはずです」

 今後は“バツイチで孤軍奮闘する姿”にますます共感を得られそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る