バツイチで孤軍奮闘の高島礼子 “高知東生の影”は完全払拭

公開日:  更新日:

 女優の高島礼子(52)が26日、都内で行われた「母の日参りパートナーシップ」プレス発表会に登壇。公募された亡き母に関する三行詩を朗読し「私もそういう母親になりたかったな」などと母との思い出を語った。

 20歳で母を亡くし、34歳の時に元夫の高知東生(52)と結婚。だが、昨年6月に高知が覚醒剤所持で逮捕され、同年8月には17年の結婚生活にピリオドを打った。高知は今年4月にエステサロンを再開。看板は出さず飲食店の女性たちに営業をかけていると報道され、改心の様子も見られないともっぱらだ。

 一方、高島には“離婚して正解”の声が上がっている。芸能リポーターの川内天子氏はこういう。

「謝罪会見の誠実な受け答え、覚醒剤使用に関して全く知らなかったこと、夫への未練を断ち離婚を選んだことなどで高島さんへの同情票が集まりました。今回のイベントに登壇したことで、みそぎも済んだと考えていいでしょう。環境も落ち着いてきていて、10月期にドラマ復帰する可能性もあります。バツイチになったことでプロデューサー、不動産関係者など高島を狙う男性たちのウワサもありますが、今までの高島さんなら恋は封印し、イメージ回復を優先するはずです」

 今後は“バツイチで孤軍奮闘する姿”にますます共感を得られそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る