ダービーで370万円 森下悠里が明かす“高額ゲット”の極意

公開日:

 グラビアタレントの森下悠里(32)が全国の競馬ファンの注目を集めている。

 先の日本ダービー(GⅠ)で、①着と②着の着順を予想する馬単(28.6倍)を的中させ、約370万円もの配当金を得たのだ。それだけでも凄いが、森下のインスタグラムに公開された馬券の画像には、当てた「12番→4番」を13万円のほか、「12番→6番」を10万円、「18番→1番」を5万円と、計28万円つぎ込んでいたことが分かり、「賭け方が大胆」「買い方がエグい」とのコメントが相次いだ。そのあたりを直撃すると、独自の競馬道を語ってくれた。

「競馬は京都競馬場のマイルチャンピオンシップに呼んでいただいたのがきっかけで、24歳か25歳のころでした。お仕事でしたし馬券は買わないでいたんですけど、周りに楽しんでいる人がいて、いろいろ教わって最近やってみたら、ハマっちゃって。でも5月はNHKマイルカップで馬単15万円分を買って外したりしているし、今回(の的中)でトントンというくらいですよ。負けている分を取り戻すためにも、買う額が大きくなってしまうんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る