デビュー15年 綾小路きみまろ「東京五輪まではひた走る」

公開日:

 中高年のアイドル、綾小路きみまろさん(66)がメジャーデビュー15周年を記念し、本を次々出版。中でも面白ネタをなぞって文字を書く、「書きとりきみまろ」(講談社)が笑って手先を動かせると人気。中高年市場を次々と開拓し続けるきみまろ氏に秘策を聞いた。

「『書きとり帳』を作るにあたっては、とにかく字を大きくしてくださいとお願いしました。今はデジタル文字が増えて、文字が小さいものだから、高齢者にやさしい活字が少ないんです。なぞって笑えるネタを厳選しました」

 日々の分析が生かされた実用書というわけだ。中高年観察はライブ中も怠らない。

「この前は突然ライブ中にカバンの中を探しまくって、そのうち席を立ってカバンをひっくり返しているオバサンがいました。それも一番前の席で。オバサンは忘れっぽいですから、家に戻ってもう一度戸締まりして3回繰り返しますからね。それでも突然気になり始めちゃうんです。途中で席を立って、帰ってこないと“家族に何かあったのか?”と、こっちが心配になっちゃう! お客さんの関心が動くオバサンにもっていかれますし、『自由すぎる中高年』は予測不能。その中で漫談をやるのは結構大変なんですよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る