デビュー15年 綾小路きみまろ「東京五輪まではひた走る」

公開日: 更新日:

 中高年のアイドル、綾小路きみまろさん(66)がメジャーデビュー15周年を記念し、本を次々出版。中でも面白ネタをなぞって文字を書く、「書きとりきみまろ」(講談社)が笑って手先を動かせると人気。中高年市場を次々と開拓し続けるきみまろ氏に秘策を聞いた。

「『書きとり帳』を作るにあたっては、とにかく字を大きくしてくださいとお願いしました。今はデジタル文字が増えて、文字が小さいものだから、高齢者にやさしい活字が少ないんです。なぞって笑えるネタを厳選しました」

 日々の分析が生かされた実用書というわけだ。中高年観察はライブ中も怠らない。

「この前は突然ライブ中にカバンの中を探しまくって、そのうち席を立ってカバンをひっくり返しているオバサンがいました。それも一番前の席で。オバサンは忘れっぽいですから、家に戻ってもう一度戸締まりして3回繰り返しますからね。それでも突然気になり始めちゃうんです。途中で席を立って、帰ってこないと“家族に何かあったのか?”と、こっちが心配になっちゃう! お客さんの関心が動くオバサンにもっていかれますし、『自由すぎる中高年』は予測不能。その中で漫談をやるのは結構大変なんですよ!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る