桐谷美玲“選挙出馬”映画に水差した小池氏の「排除」発言

公開日: 更新日:

「先ほどから何度も『性格ブス』と言われていますが、自分にないものを出しながら一生懸命演じました」とは、女優の桐谷美玲(27)。主演映画「リベンジgirl」(12月23日公開、三木康一郎監督)のクランクアップ会見に9日出席し、素の自分とはかけ離れた役柄を演じた苦労を語ったのである。

 同作の役どころは、東大首席でミスキャングランプリの栄冠を手にした才色兼備女子。自信たっぷりで目立ちたがり屋という“性格ブス”が玉にキズだ。男に振られた腹いせに出馬し、総理大臣を目指すというブッ飛んだストーリーだが、あれれ。選挙に出馬するヒロインといえば、放送中の篠原涼子(44)主演ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(フジテレビ系、月曜21時)も同じような設定だ。

 もっとも、月9の方は市議会議員で映画よりこぢんまりとしたスケール。視聴率も小さくまとまっていて、直近の第3話まで1ケタ台の低空飛行を続けている。本来なら軌道修正を図りたいところだが、「撮影に加え、打ち上げまで終了している」(ドラマ関係者)というから打つ手なしか。一方の「リベンジgirl」は、これからが勝負。先月行われた衆院選中には選挙カーの上に乗っての演説シーンを撮影し、通行人からどこの党から出ているのかと尋ねられる一幕もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る