みなおか終了で金欠危機に とんねるずに問われる経営手腕

公開日:

 キー局のプロデューサーらが企画書を手に行列をなしていた――なんてのは遠い昔の話。お笑いコンビ「とんねるず」が“最後の時”を迎えようとしている。牙城であった唯一のレギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系、木曜21時)が来年3月で終了。日刊ゲンダイはかねて報じてきたが、今月7日のOAでようやく発表され、20年の歴史に幕を閉じることになったのだ。

 1997年6月から始まった前身番組から約20年。民放バラエティーのトップランナーを担ってきたこともあったが、ここ数年は打ち切りが有力視されてきた。というのも「ウン十億円の累積赤字があると噂されている。最大の理由は制作費。バラエティーなのに1本5000万円超もの額をかけていた。しかもそのうち、出演料や企画料でとんねるずが800万円以上を持っていく。これまではフジへの貢献度から大目に見られていたが、さすがに同社上層部もかばい切れなくなったようです」(制作会社幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る