日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

みなおか終了で金欠危機に とんねるずに問われる経営手腕

 キー局のプロデューサーらが企画書を手に行列をなしていた――なんてのは遠い昔の話。お笑いコンビ「とんねるず」が“最後の時”を迎えようとしている。牙城であった唯一のレギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系、木曜21時)が来年3月で終了。日刊ゲンダイはかねて報じてきたが、今月7日のOAでようやく発表され、20年の歴史に幕を閉じることになったのだ。

 1997年6月から始まった前身番組から約20年。民放バラエティーのトップランナーを担ってきたこともあったが、ここ数年は打ち切りが有力視されてきた。というのも「ウン十億円の累積赤字があると噂されている。最大の理由は制作費。バラエティーなのに1本5000万円超もの額をかけていた。しかもそのうち、出演料や企画料でとんねるずが800万円以上を持っていく。これまではフジへの貢献度から大目に見られていたが、さすがに同社上層部もかばい切れなくなったようです」(制作会社幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事