なぜ昼ドラに 朝ドラ断念の理由は全国ネットの弊害だった

公開日: 更新日:

倉本 ええ。なぜ民放がそこに斬り込まないのかが不思議だった。そんな話を、加賀まりこや八千草薫さんたちに話していたら、「やりましょうよ」っていう話になった。出演料はタダでもいいから出たいよなんていう話になってきて、「やすらぎの郷」のもととなる企画を作ったんですね。そうしたらやっぱり、テレビ朝日は受けてくれたんだけれど、朝で企画したのはダメだった。ゴールデンに対してシルバーにしたんだけれど、朝の時間枠っていうのは、キー局が持っていないんですよ。地方局がバラバラに持っている。全国ネットにならないんです。だから、昼の枠に置いたんです。

碓井 朝は各地方局が生放送の情報番組を流していますよね。

倉本 皆結局、「やすらぎの郷」は録画して見ていた。夕方になると番組に関するネットの書き込みが増えるんです。オンタイムの視聴率は6~7%。それでもいいっていうんだけれども、録画視聴率が加わったらまた違ったでしょうね。「やすらぎの郷」を通じて感じたのは、テレビの数字のマジックみたいなものは調査がうまくできているのかできていないのか。改めて疑問を持ちましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    「引退危機」の声も… 阪神・藤浪に今オフメジャー挑戦案

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る