俳優か正社員か…篠井英介が本気で揺らいだ“人生の岐路”

公開日: 更新日:

 80年代“ネオかぶき”を上演する劇団「花組芝居」で活躍し、その後は「GTO」(フジテレビ系)やNHK朝の連続テレビ小説「まれ」などのドラマ、映画などで知られる篠井英介さん(59)。31歳でアルバイトを辞め、俳優一本で食べていく決意をしたのが人生の転機になった。

 ◇  ◇  ◇

 金沢の高校を出て上京し、俳優になろうと日大芸術学部演劇学科俳優コースに進み、卒業する頃に、仲間と劇団「花組芝居」の前身をつくり、卒業時に正式に旗揚げしました。俳優コースとはいっても、ほとんどが就職活動するなか、ボクはしませんでした。

 劇団の活動では食べられませんから、いろんなアルバイトをしました。

 当時はバブリーな時代だったので、カフェバーとかでよく働きましたね。六本木のレストランバーではフロントでお客さまをご案内したり、レジを任されたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  6. 6

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  7. 7

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る