俳優か正社員か…篠井英介が本気で揺らいだ“人生の岐路”

公開日:

 80年代“ネオかぶき”を上演する劇団「花組芝居」で活躍し、その後は「GTO」(フジテレビ系)やNHK朝の連続テレビ小説「まれ」などのドラマ、映画などで知られる篠井英介さん(59)。31歳でアルバイトを辞め、俳優一本で食べていく決意をしたのが人生の転機になった。

 ◇  ◇  ◇

 金沢の高校を出て上京し、俳優になろうと日大芸術学部演劇学科俳優コースに進み、卒業する頃に、仲間と劇団「花組芝居」の前身をつくり、卒業時に正式に旗揚げしました。俳優コースとはいっても、ほとんどが就職活動するなか、ボクはしませんでした。

 劇団の活動では食べられませんから、いろんなアルバイトをしました。

 当時はバブリーな時代だったので、カフェバーとかでよく働きましたね。六本木のレストランバーではフロントでお客さまをご案内したり、レジを任されたり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る