テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

公開日:

 仲村トオル(52)の主演ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)の初回が昨16日に放送され、早くも話題となっている。

 元エリート銀行員が人生の“七味”(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を浴びながら、飲食フランチャイズ企業の再建に奮闘するストーリーだ。

 見どころ、意気込みを原作者で頭取役として自ら出演している江上剛氏に聞いた。

「長いセリフを暗記したのですが、本番で次第にセリフが頭の中から消えていく感じがして戸惑いました。役としてではなく本当の自分が記者会見場にいるような気分に……。役者の方は凄いですね。ドラマの中で出てくる、M&Aやフランチャイズの契約書類、資料などは僕の友人が作ってくれた本物です。そのままどこかの企業に持って行っても通用するもので、(関係者の方も)勉強になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る