テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

公開日: 更新日:

 仲村トオル(52)の主演ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)の初回が昨16日に放送され、早くも話題となっている。

 元エリート銀行員が人生の“七味”(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を浴びながら、飲食フランチャイズ企業の再建に奮闘するストーリーだ。

 見どころ、意気込みを原作者で頭取役として自ら出演している江上剛氏に聞いた。

「長いセリフを暗記したのですが、本番で次第にセリフが頭の中から消えていく感じがして戸惑いました。役としてではなく本当の自分が記者会見場にいるような気分に……。役者の方は凄いですね。ドラマの中で出てくる、M&Aやフランチャイズの契約書類、資料などは僕の友人が作ってくれた本物です。そのままどこかの企業に持って行っても通用するもので、(関係者の方も)勉強になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る