テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

公開日: 更新日:

 仲村トオル(52)の主演ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)の初回が昨16日に放送され、早くも話題となっている。

 元エリート銀行員が人生の“七味”(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を浴びながら、飲食フランチャイズ企業の再建に奮闘するストーリーだ。

 見どころ、意気込みを原作者で頭取役として自ら出演している江上剛氏に聞いた。

「長いセリフを暗記したのですが、本番で次第にセリフが頭の中から消えていく感じがして戸惑いました。役としてではなく本当の自分が記者会見場にいるような気分に……。役者の方は凄いですね。ドラマの中で出てくる、M&Aやフランチャイズの契約書類、資料などは僕の友人が作ってくれた本物です。そのままどこかの企業に持って行っても通用するもので、(関係者の方も)勉強になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る