テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

公開日:

 仲村トオル(52)の主演ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(テレビ東京系)の初回が昨16日に放送され、早くも話題となっている。

 元エリート銀行員が人生の“七味”(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)を浴びながら、飲食フランチャイズ企業の再建に奮闘するストーリーだ。

 見どころ、意気込みを原作者で頭取役として自ら出演している江上剛氏に聞いた。

「長いセリフを暗記したのですが、本番で次第にセリフが頭の中から消えていく感じがして戸惑いました。役としてではなく本当の自分が記者会見場にいるような気分に……。役者の方は凄いですね。ドラマの中で出てくる、M&Aやフランチャイズの契約書類、資料などは僕の友人が作ってくれた本物です。そのままどこかの企業に持って行っても通用するもので、(関係者の方も)勉強になります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る