• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

安室奈美恵は伝説に…引退前夜ラストライブで飾る有終の美

 2月の平昌五輪で銅メダルに輝き日本中を熱狂させた「LS北見」の女子カーリングチームに続き、夏の高校野球で秋田県立金足農業高校が旋風を巻き起こした。いずれも地元出身者だけの「おらが町の英雄」に沸き、地元だけでなく感動の輪は日本中に広がっている。

 スポーツ界は時として地元のヒーローを生むが、不思議と芸能界ではあまり聞かない。お笑い界のトップを走る明石家さんまも出身は奈良だが、地元では「奈良出身の有名人」程度の認識に過ぎない。芸能関係者の話。

「芸能界の中心地はやはり東京か大阪。大半の芸能人は地元を出て芸を磨きスターになっていくので、出身地は忘れられてしまいがちになる」

 そんなジンクスさえも破ったのが安室奈美恵(40)だろう。今では「国民的歌姫」と呼ばれるが、芸能界では数少ない地元・沖縄が生んだヒーローの認識が強い。そのルーツはスターになるまでのプロセスにある。小学5年の時に自ら「沖縄アクターズスクール」に入り、天性の才能に努力を重ね、中学卒業後に上京。芸能界という未知なる世界に飛び込んだ。「スターになる」という強い意志で這い上がり、歌手として不動の地位を築いた。安室が芸能界で頭角を現した頃から沖縄県民は「沖縄を代表する歌手になって欲しい。私たちの希望の星」と語り、遠く離れた東京で活躍する安室を応援していた。それは今の金足農とかぶる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

  10. 10

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

もっと見る