二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

安室奈美恵は伝説に…引退前夜ラストライブで飾る有終の美

公開日: 更新日:

 2月の平昌五輪で銅メダルに輝き日本中を熱狂させた「LS北見」の女子カーリングチームに続き、夏の高校野球で秋田県立金足農業高校が旋風を巻き起こした。いずれも地元出身者だけの「おらが町の英雄」に沸き、地元だけでなく感動の輪は日本中に広がっている。

 スポーツ界は時として地元のヒーローを生むが、不思議と芸能界ではあまり聞かない。お笑い界のトップを走る明石家さんまも出身は奈良だが、地元では「奈良出身の有名人」程度の認識に過ぎない。芸能関係者の話。

「芸能界の中心地はやはり東京か大阪。大半の芸能人は地元を出て芸を磨きスターになっていくので、出身地は忘れられてしまいがちになる」

 そんなジンクスさえも破ったのが安室奈美恵(40)だろう。今では「国民的歌姫」と呼ばれるが、芸能界では数少ない地元・沖縄が生んだヒーローの認識が強い。そのルーツはスターになるまでのプロセスにある。小学5年の時に自ら「沖縄アクターズスクール」に入り、天性の才能に努力を重ね、中学卒業後に上京。芸能界という未知なる世界に飛び込んだ。「スターになる」という強い意志で這い上がり、歌手として不動の地位を築いた。安室が芸能界で頭角を現した頃から沖縄県民は「沖縄を代表する歌手になって欲しい。私たちの希望の星」と語り、遠く離れた東京で活躍する安室を応援していた。それは今の金足農とかぶる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  6. 6

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    渡部恒雄氏「バイデンはポピュリズムの熱狂を地道に冷ましていく」

  9. 9

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  10. 10

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

もっと見る