二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

安室奈美恵は伝説に…引退前夜ラストライブで飾る有終の美

公開日:

 2月の平昌五輪で銅メダルに輝き日本中を熱狂させた「LS北見」の女子カーリングチームに続き、夏の高校野球で秋田県立金足農業高校が旋風を巻き起こした。いずれも地元出身者だけの「おらが町の英雄」に沸き、地元だけでなく感動の輪は日本中に広がっている。

 スポーツ界は時として地元のヒーローを生むが、不思議と芸能界ではあまり聞かない。お笑い界のトップを走る明石家さんまも出身は奈良だが、地元では「奈良出身の有名人」程度の認識に過ぎない。芸能関係者の話。

「芸能界の中心地はやはり東京か大阪。大半の芸能人は地元を出て芸を磨きスターになっていくので、出身地は忘れられてしまいがちになる」

 そんなジンクスさえも破ったのが安室奈美恵(40)だろう。今では「国民的歌姫」と呼ばれるが、芸能界では数少ない地元・沖縄が生んだヒーローの認識が強い。そのルーツはスターになるまでのプロセスにある。小学5年の時に自ら「沖縄アクターズスクール」に入り、天性の才能に努力を重ね、中学卒業後に上京。芸能界という未知なる世界に飛び込んだ。「スターになる」という強い意志で這い上がり、歌手として不動の地位を築いた。安室が芸能界で頭角を現した頃から沖縄県民は「沖縄を代表する歌手になって欲しい。私たちの希望の星」と語り、遠く離れた東京で活躍する安室を応援していた。それは今の金足農とかぶる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る