二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

安室奈美恵は伝説に…引退前夜ラストライブで飾る有終の美

公開日:

 2月の平昌五輪で銅メダルに輝き日本中を熱狂させた「LS北見」の女子カーリングチームに続き、夏の高校野球で秋田県立金足農業高校が旋風を巻き起こした。いずれも地元出身者だけの「おらが町の英雄」に沸き、地元だけでなく感動の輪は日本中に広がっている。

 スポーツ界は時として地元のヒーローを生むが、不思議と芸能界ではあまり聞かない。お笑い界のトップを走る明石家さんまも出身は奈良だが、地元では「奈良出身の有名人」程度の認識に過ぎない。芸能関係者の話。

「芸能界の中心地はやはり東京か大阪。大半の芸能人は地元を出て芸を磨きスターになっていくので、出身地は忘れられてしまいがちになる」

 そんなジンクスさえも破ったのが安室奈美恵(40)だろう。今では「国民的歌姫」と呼ばれるが、芸能界では数少ない地元・沖縄が生んだヒーローの認識が強い。そのルーツはスターになるまでのプロセスにある。小学5年の時に自ら「沖縄アクターズスクール」に入り、天性の才能に努力を重ね、中学卒業後に上京。芸能界という未知なる世界に飛び込んだ。「スターになる」という強い意志で這い上がり、歌手として不動の地位を築いた。安室が芸能界で頭角を現した頃から沖縄県民は「沖縄を代表する歌手になって欲しい。私たちの希望の星」と語り、遠く離れた東京で活躍する安室を応援していた。それは今の金足農とかぶる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る