梅枝&児太郎 阿古屋で名乗り出た“歌舞伎座の立女形”の道

公開日:

 調べたわけではないが、今月の歌舞伎座・夜の部は出演者数の最少記録ではないだろうか。3演目合わせて7人しか出ない。それでいて、物足りないとは感じない。

 今月は昼・夜とも玉三郎スクールの発表会といえる内容。彼がこの数年、目をかけている若手が大役を任されているのだ。つまり芸の継承である。

 昼の部「於染久松色読販」は壱太郎が早変わりで7役を演じ、玉三郎は「監修」として名を出す。いまひとつ。

「幸助餅」は他愛ない人情劇で、松竹新喜劇みたいだと思ったら、本当に原作は松竹新喜劇だった。話の展開は読めてしまい驚きはないが、松也と中車(香川照之)が歌舞伎らしく見せている。中車は夜の松緑との「あんまと泥棒」も怪演。こういう役は彼しかできないと思わせるほど、歌舞伎に欠かせないひとりとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る