トーク力抜群の指原莉乃 “上沼恵美子化”で卒業後も安泰か

公開日:  更新日:

「HKT48」の指原莉乃が15日、同グループの単独コンサートで、グループからの卒業を発表。来年4月28日に横浜スタジアムで卒業コンサートを行う。コンサートでは「元号が変わる平成ギリギリまでアイドルをやらせてください!」と涙ながらに宣言した。

 指原は2007年にAKB48の5期生研究生オーディションに合格し、08年公演デビュー。当時を知るアイドル誌編集者は「私なんてオタクだし、普段はひきこもりだし、全然人気がないんです」と“へタレ”全開でインタビュー後の雑談に寂しそうに応じていたのが印象的だったと語る。

 12年の選抜総選挙で4位になるも、直後に「週刊文春」でファンの男性との交際が報道され、設立半年ほどの福岡のHKT48に“島流し”。しかし前年にメンバー初の単独冠番組「さしこのくせに~この番組はAKBとは全く関係ありません~」(TBS系)に出演するなど、すでに独自のポジションを築いていた。その後は、HKTの“教育係”として劇場支配人をこなしながらバラエティー番組で人気に。テレビ局関係者はこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る