二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

花田家の未来は 6人全員が離婚経験&タレント活動にシフト

公開日: 更新日:

 同じ芸能ニュースでも、メディアによって扱い方が異なることがある。世間の関心度がどれだけあるかだが、タレントのネームバリューと提供されるネタが判断材料となる。

 元貴乃花親方と河野景子の離婚は一様に大々的に報じられた。横綱から親方にまでなり人気は絶大。最近は弟子に部屋問題で騒がせた夫と、元フジの看板アナウンサーの離婚。「一体、何があったの」と関心度が高くなるのは当然だった。

 そんな騒ぎも収まりつつあった矢先、今度は長男の花田優一(23)が離婚を発表した。両親の離婚と違い、メディアの対応も微妙だった。大きく扱うメディアもあればベタ記事もあったが、総じてニュース価値としてはイマイチ。

 優一はイタリアで勉強した靴職人という触れ込みでテレビに進出。当初、なじみの薄い靴職人の宣伝の一環と思われたが、景子さんの後押しもあってタレント活動にも本腰を入れ始めた。

 歌手か役者ならまだしも、おしゃべりするだけのタレント。「貴乃花の長男」という肩書を持つ典型的な親の七光。両親の話を聞くぐらいしか興味がない。活動の場も先細りだったのが、今度は優一が陣幕親方の娘と離婚。原因を優一の夜遊びと指摘するメディアもあるが、そもそも1年前に結婚したこともさほど注目されなかったカップル。離婚しても両親が絡まないと、関心度は薄い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?