ネットフリマでスキル購入 オンライン占い師に行列のワケ

公開日: 更新日:

 スマートフォンのアプリを使って個人間売買を行う「ネットフリマ」は、2012年の登場以降、爆発的な成長を見せている。従来のネットオークションとの違いは、売り手が固定価格を設定する「出品者優位」のシステムであること。出品者にとっては利益を確保しやすく、購入者にとっても競り合いの手間が省ける。いずれの立場でも参加のハードルが低いのが特徴だ。

 利用者数の増加に合わせて、衣服や書籍、ハンドメード作品など特定ジャンルの商品に特化したネットフリマが続々と生まれた。特にユニークなのが「スキル」の売買だ。個人が持つ知識や特技を「商品」として出品できる。

 ユーザー数95万人を超えるスキルのフリマサービス「ココナラ」の広報担当、古川芙美さんによると、「翻訳やウェブサイト作成といった専門的な技能から、ファッション診断、ペットの飼い方、恋愛相談といったカジュアルなものまで、売買されるスキルはさまざまです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  5. 5

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る