ネットフリマでスキル購入 オンライン占い師に行列のワケ

公開日: 更新日:

 スマートフォンのアプリを使って個人間売買を行う「ネットフリマ」は、2012年の登場以降、爆発的な成長を見せている。従来のネットオークションとの違いは、売り手が固定価格を設定する「出品者優位」のシステムであること。出品者にとっては利益を確保しやすく、購入者にとっても競り合いの手間が省ける。いずれの立場でも参加のハードルが低いのが特徴だ。

 利用者数の増加に合わせて、衣服や書籍、ハンドメード作品など特定ジャンルの商品に特化したネットフリマが続々と生まれた。特にユニークなのが「スキル」の売買だ。個人が持つ知識や特技を「商品」として出品できる。

 ユーザー数95万人を超えるスキルのフリマサービス「ココナラ」の広報担当、古川芙美さんによると、「翻訳やウェブサイト作成といった専門的な技能から、ファッション診断、ペットの飼い方、恋愛相談といったカジュアルなものまで、売買されるスキルはさまざまです」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る