<10>襲名披露興行を全国で「故郷と地元に錦を飾れます」

公開日: 更新日:

 1987年10月、歌之介の真打ち披露パーティーは帝国ホテルで開かれた。今回の襲名披露パーティーも帝国ホテルだった。

「真打ちの時は400人が出席してくれました。師匠が自分のお客さまを100人呼んでくれましたから。今回は出身地の鹿児島でもパーティーを開くので250人くらいかなと思ったら、なんと700人もの方に来ていただきました」

 真打ちの歌之介は新作落語のグループを結成した。渋谷109ビルのライブスポットで開くネタ下ろしの会「らくご倶楽部109」だ。メンバーは歌之介と二つ目の春風亭勢朝、桂竹丸、春風亭昇太である。

「昇ちゃんは最初からぶっちぎりで受けまくってました。当時は刺激になるより、悔しさだけしか感じなかったですね。うちの師匠は、ひとつのネタを練りに練って作り上げていくタイプで、私もそうです。だから毎月ネタ下ろしを演じるのはきつかった。でも、苦労の甲斐あって、その会から今でも演じる得意ネタが生まれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る