城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

公開日: 更新日:

「渡哲也が俳優を引退。石原軍団は解散」という記事が週刊誌で大きく扱われた。

 77歳という年齢的なことと体調などの面から、俳優人生と会社の“幕引き”を考えたとのことで、解散という話になったというのだ。

 僕は、ああ、また石原プロモーション解散の話が出たかと思った。もう何度もこの解散話を耳にする。時期が近いとか、決断したといった話だ。 実は、故石原裕次郎さんの二十七回忌が2013年に営まれたが、その直前に石原プロ解散が内部で現実のこととして協議され、二十七回忌終わりで会社を畳むというところまで話は進んでいた。渡をはじめ、舘ひろし、神田正輝といったビッグネームや若手俳優については、それぞれのマネジャーが個人事務所をつくってマネジメントしていくという格好だった。

 所属俳優にその方向で相談したところ、舘ひろしが「じゃあ、自分は渡さんの事務所で一緒にやりたい」と言ったのだ。舘は、渡という存在が大きく、だからこそ石原プロで共に仕事をしてきたという思いがあり、どこまでも付いていくという気持ちだったそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る