宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

公開日: 更新日:

「きたーーー」と、宇多田ヒカル(36)は公式ツイッターでコメントしている。デビュー20周年を記念し、昨年の12年ぶりに行った国内ツアーの映像商品にスタッフの予想をはるかに超える予約がはいったそうで、「EC(Eコマース=ネット販売)では1日で完売してしまったそうです」などと報告している。

 平成10(1998)年に15歳でリリースしたデビューシングル「Automatic」から旋風を巻き起こし、翌年のファーストアルバム「First Love」が累計765万枚を売り上げる大ヒットを記録。「新宿の女」などの藤圭子の長女ということもあって、一躍スターダムにのし上がったのは、平成の回顧特集でも繰り返されている通り。

「宇多田ヒカルちゃんが僕を終わらせた」と小室哲哉に言わしめた才能、勢いは衰え知らずである。

 今年に入ってからも「第69回芸術選奨 文部科学大臣賞」大衆芸能部門新人賞などに選ばれ、映画の主題歌にゲームのテーマソングと、幅広く活躍している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る