「昭和を知るのは誇り」女優・安達祐実が思う“3つの元号”

公開日: 更新日:

 子役からキャリアをスタートし、今やアラフォー&2児の母。いつまでも変わらないルックスが同性に支持されている安達祐実(37)。平成のアイコンともいわれた彼女が思う“改元”と令和に向けた意気込みを聞いた。

 改元に対するイメージは?

「私は昭和生まれで、3つの元号を生きるというより、昭和を知っていることが誇らしく思えます。子役でも現場で怒られることもありましたし。今じゃそんな現場めったにないですからね。私の育った浅草は近所の大人たちが見守ってくれていて、私の子育てにも大きく影響していますね。今の住まいは一軒家を思い出すメゾネットで、同じマンションには娘と同じ小学校に通う子供がいて、比較的地域のコミュニティーがある環境です。そんな昭和なところに居心地の良さを感じているのかもしれません」

 安達祐実にとって平成とは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る