さんまが後ろ盾 宮迫博之“再始動パーティー”で芸能界復帰

公開日: 更新日:

 ついにさんまが動いた。尻すぼみになっている吉本の闇営業問題。一部芸人は謹慎期間を終え、表舞台復帰を果たしたが、いまだ“中ぶらりん”なのが宮迫博之(49)とロンブーの田村亮(47)の2人。そんな中、明石家さんま(64)がごく親しい関係者にだけ、さんま主催のあるパーティーの招待状を送ったことが日刊ゲンダイの取材でわかった。

 11月下旬に都内ホテルで行われる、「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに、そして白紙に戻った男を囲む会」という意味深な趣旨の会で、宮迫が吉本を去ってさんまの事務所に入る報告と再始動のお披露目の会だともっぱらなのだ。

「宮迫を芸能界に復帰させるためにさんまさんが一肌脱いだということでしょう。吉本とも仲良くやりたいテレビ関係者からすれば参加すること自体が“踏み絵”になりかねないけど、さんまさんもそれなりの計算があってのことでしょう。おそらくパーティー自体を潰せる人は吉本にはいないし、『もう十分反省したから、ウチから復帰させます』ってさんまさんが宣言したら吉本も手は出せない。いずれにしても各方面に影響力のある会になることは確かです」(テレビ関係者)

 宮迫、さんまという後ろ盾で芸能界復帰である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る