碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

生田斗真「俺の話は長い」ホームドラマの形した哲学ドラマ

公開日: 更新日:

 今期、水曜ドラマ「同期のサクラ」と並ぶ、日テレの新機軸といっていい。生田斗真主演「俺の話は長い」のことだ。

 確かに主人公の岸辺満(生田)は起業に失敗した後、6年も無職を続けている。就職活動はせず、時々小さなバイト(草野球の審判とか)をする程度。自分には「働かなくていい才能」があると主張する堂々のニートだ。この満が、とにかく、よくしゃべる。もともとは実家で喫茶店を営む母親(原田美枝子)と2人暮らしだったが、姉(小池栄子)が家のリフォームを理由に夫(安田顕)や娘(清原果耶)と共に転がり込んできた。突然5人家族となった岸辺家の居間で交わされる雑談。満は、どんな話題でも滔々と持論を展開していく。

 昔見た映画のタイトルが思い出せない時、「スマホで検索すれば」と提案されると、「最短時間、最短距離で歩く人生に、おもしろい木の実は落ちていないよ」と説く。またハロウィーンに便乗しようとする商店街の人たちに、「世間の浮ついた波にのみ込まれて、本当に残さなくちゃいけない祭りや花火大会が廃れていく」とクギを刺す。その言葉には独特の説得力があり、聞く側もふと我に返ったり自問したりするのだ。

 物事の本質を問うという意味で、満は一種の「哲学者」かもしれない。ホームドラマの形を借りた「哲学ドラマ」。やはり新機軸だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  8. 8

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  9. 9

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る