二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

宮迫博之「激励会」レポートに“芸人”さんまの真骨頂を見た

公開日: 更新日:



■「今見ても腹立つわ」

 23日に放送された「明石家笑業修学旅行」(フジテレビ系)。闇営業問題で記者会見した吉本の岡本昭彦社長をパロディーにした後輩芸人を見て、「今見ても腹立つわ」と本音とも思える発言をポツリ。騒動当初、さんまは「ギャラを上げたほうがいい」といった発言はするものの、吉本内については触れることはなかった。

「さんまは個人事務所があって吉本とは業務提携。吉本内の問題に対して外野の人間が余計な口を出さずのスタンスを取っている。芸人らしい一面だと思う」(テレビ関係者)

 吉本幹部とも親密な松本が幹部批判や会社改革のアドバルーンを揚げていたのとは対照的だった。騒動も一段落。最近は騒動を芸人がネタにするが、さんまの「腹立つわ」発言はいまだに現幹部に対して正直な気持ちだと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る