Eテレに対抗 テレ東の赤ちゃん番組「シナぷしゅ」成功の鍵

公開日: 更新日:

 実際の視聴者の反応はどうなのだろうか。2歳の双子の男児と生後6カ月の男児の子育て中のライター・松庭直氏が子供たちと番組を見た感想についてこう語る。

「『シナぷしゅ』はテンポ良く場面が切り替わり、子供を飽きさせない工夫が凝らされていると思いました。ひとつのコーナーは2~3分程度でしょうか。ダンスがあり、歌があり、教育があり、とさまざまなコーナーが詰め込まれていると感じました。子供は特にリズミカルなものに食いついていて、猫や犬が音楽とともに上から下に落ちてくると、『また落ちてきた!』と言って喜んでいました。家族の一日の生活や童謡を早送りするシーンはかぶりつくように見ていました」

 もっとも、足りないと感じた点もあるという。

「テンポの良さを優先しているためだと思いますが、MCが不在で、子供が一呼吸つける瞬間がないのが残念です。番組終了後は子供が少し疲れた様子でした。MCを使ったり、スタジオセットを組むと予算がかかるのかもしれませんが、そこはテレ東らしく知恵を絞って欲しいところです。もうひとつ、番組のコンセプトは『我が子に安心して見せられる』とのことですが、正直、どこが『安心』なのか。親の立場からすると、もう少し丁寧な説明が欲しいと思いました」(松庭直氏)

 とはいっても、まだ本格的にレギュラー化前のお試し版。試行錯誤を重ねていけばいつか「いないいないばあっ!」とはテイストの違う良質な赤ちゃん番組に成長するかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る