本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

笑福亭仁鶴師匠はかなりの読書家だった 喉の手術は23回も

公開日: 更新日:

 1960年代後半から70年代、仁鶴師匠をテレビ・ラジオで見聞きしない日はないぐらい、毎日のように出演し、私(62)の年代の者にとっては文字通りアイドルでありヒーローでした。

■政治関係まで目を通す読書家

 30年近く前の劇場は、広い楽屋は2組で使われることが多く、長年漫才を書かせていただいている阪神巨人さんと仁鶴師匠が同じ楽屋になることが度々ありました。漫才の打ち合わせに伺った時にご挨拶をし、そのたびに「巨人君とこのネタ書いてんの、頑張りや」とか「よう来んなぁ~」とか声をかけていただく機会が増えていきました。読書家でもあった師匠の楽屋のテーブルには常にさまざまなジャンルの雑誌や本が置かれていました。

 ある日、政治関係の雑誌があったので「僕も(その本)読んでます」と言うと、「自分(君)も読んでんのん? 初めて(読んでる人に)会うたな~、ほんまかいな」とその日を境に一気に距離が縮まり、阪神・巨人さんがいない時も楽屋に伺うと「まぁ座りいな」と芸談や世相について話すようになりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る