荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<8>「今日は小津ですから」と初ライカで撮った笠智衆さん

公開日: 更新日:

 ライカで初めて撮影したのは笠智衆さんなんだ。笠さんを撮ることになって(1991年、『SWITCH』誌の依頼)、笠智衆を撮るんだったらライカで撮らなきゃって、そのときに初めてライカ(M6)を買ったんだよ。

 笠さんの家に行って、最初にね、名刺がわりに出したのがオレの写真集『センチメンタルな旅・冬の旅』。これを、ずっ~と見てくれて、褒められたんだよ。嬉しかったねぇ。その頃、笠さんは病気だったんだ。その日は風邪もひいててね。でも、ちょっと外に行こうって、公園があるからって連れていってくれたんだ。そうしたら元気が出ちゃってさ、やる気十分になっちゃって。「ぼくはこれでもね、お相撲やっていたんだ」って言って、そばにあった木で相撲のテッポウをやってくれた。

 公園にブランコがあったんだ。オレはまた悪い知識があるからさ、笠さんが多くの作品に出演している小津(安二郎)監督とは逆の、黒澤(明)の映画のさ、『生きる』の感じでブランコに乗ってもらってとかさ、思っちゃったの。ちらっと考える。この時代の映画をいっぱい見ているからね。どっちかっていうと、やっぱりオレは小津のほうだからさ。ライカで撮ってね、「今日は小津ですから」って言ったら通じるわけ。小津さんは、しょっちゅうライカで撮っていたらしいからね。それからライカで撮り出したんだよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る