荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<28>ペッチャンコーラは都市の遺骨 写真機の骨壷に収める

公開日: 更新日:

 これが有名な「ペッチャンコーラ」だよ(笑)。ぺっちゃんこになったコーラの缶だから、「ペッチャンコーラ」ね。これはさ、ぺっちゃんこにつぶれたコーラの缶を拾って、うちに持ち帰って、きれいに洗って、白バックにおいて撮ってるんだよ。

 この頃(1972~73年)はね、(渋谷区)淡島通りから渋谷に出てきたあたりに松見坂っていうのがあるんだけど、タクシーに乗っていると、そこで信号待ちになって止まるのよ。そこのところに運送屋があって、トラックが多かったから缶が道路に捨てられた。その缶がみんなぺっちゃんこになるわけね。缶コーヒーとかコーラとか、そこらに捨てるのがいたんだよ、当時はね。今はいないけどさ、そういう時代があったんだよね。車から缶を捨てると、すぐ後ろからきた大型トラックがそれをひいて、ぺちゃんこになるんだ。そのぺちゃんこになった缶を撮るんだよ。でもさ、その場で撮るんじゃないんだ。缶を拾ってね、うちに持って帰るんだ。きれいに洗って、乾燥させる。で、白バックの上に乗せて、それから撮る。そこまでやらないとダメなんだね。

展覧会では「ペッチャンコーラ」は黒い額に入れてるね

「これは立体が平面になったのだから写真である」っていってたね。現代美術してたんだよ(笑)。車にひかれて、ぺっちゃんこになったコカ・コーラの空き缶に、すごく都市を感じたんだね。電通をやめてさ(1972年)、東京の街を撮りながら歩いていると、いっぱい見つけたわけ。でも、そこで撮るんだとつまらない。空き缶を持って帰って、きれいに洗って、乾燥させて、それを白い紙の上に置いて、1点1点撮影するんだよね。そうしないと“東京”が出ない。なんどもなんども東京という車にペチャンコにされていく。きれいにつぶれてるのもあるけど、ボコボコになったのもある。その形が骨みたいに見えてね、「これは都市の遺骨なんだ。その骨を拾って集めて、写真機っていう骨壷に収める」っていうことを言ったりしてたね。その頃にやった展覧会では、「ペッチャンコーラ」は黒い額に入れてるね(個展「廃墟に花」1973年、シミズ画廊)。

 三ノ輪(台東区)の実家の近くの浄閑寺で撮った彼岸花も、墓守が捨てる前に白バックを持って行って、全部撮っただろ。1000個ぐらい集めちゃうわけだよ、拾っちゃうんだよね、ペッチャンコーラも(笑)。

 (構成=内田真由美)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る