てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

とらわれない男 石橋貴明がブチ壊すテレビとネットの枠

公開日: 更新日:

「ゆっくりする? ないよ(笑い)。なんでやらせてくんねえのかなっていう感じの方が強かった」(石橋貴明/「櫻井・有吉THE夜会」2月18日放送)

 先日のTBS「情熱大陸」(21年1月31日)での石橋貴明(59)の「戦力外通告だ」と思ったという発言を受け、改めてそのことを聞く櫻井翔。すると石橋は「ユニホーム脱がされてしまうんだなっていう。やりたくてもやれないわけじゃん、この世界は。自分はやりたくても、お話が来なければやれないわけで、いやぁ、これで終わりかぁ、ちょっと早い定年退職だな」と精神的にも、よくない時期を過ごしたと明かした。

 この発言に「ゆっくり休もうという気はなかった?」と聞かれて答えたのが今週の言葉だ。

 とんねるずといえば、コントから音楽、俳優まで「お笑い」の枠組みにとらわれない活動をしてきた。アーティスト、俳優、スポーツ選手など各界の一流スターたちと早くから共演し、交流を重ねてきた。だから「お笑い芸人」という自己認識はないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  7. 7

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る