細田昌志
著者のコラム一覧
細田昌志ノンフィクション作家

1971年岡山市生まれ。鳥取市育ち。CS放送「サムライTV」キャスターから放送作家としてラジオ、テレビの制作に携わり、ノンフィクション作家に。著書に「坂本龍馬はいなかった」(彩図社)、「ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか? 」(イースト新書)、「沢村忠に真空を飛ばせた男―昭和のプロモーター・野口修 評伝―」(新潮社)がある。メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」に執筆中。

山口洋子は東映ニューフェイスからヤクザの愛人に…

公開日: 更新日:

 山口洋子は1937年5月10日、名古屋市に生まれた。料亭を経営していた資産家の父と、仲居をしていた母との間に生まれた私生児だった。高校を1年で中退すると、名古屋市内に喫茶店「洋子」を開業する。16歳の少女にまとまった開店資金などあるはずもなく、「妻に死なれた50歳ぐらいの男やもめ」が支援者だったことを、後年雑誌のインタビューで明かしている。繁盛していたという店だが、「いくらお店がはやっても、しょせんは他人のお店」と、洋子は3年で経営から手を引いた。パトロンに嫌気が差したのだろう。

 水商売から足を洗った洋子は、1957年、1000人に1人の超難関「東映ニューフェイス4期生」に合格。同期には佐久間良子、山城新伍、室田日出男がいた。同期の佐久間良子は合格してすぐ、東映映画「白蛇伝」(監督・藪下泰司)のカメラテストを受け、翌年「美しき姉妹の物語 悶える青春」(監督・佐伯清)でデビュー。同年「台風息子」で主演の江原真二郎の相手役に抜擢され、雑誌「平凡」の女優人気投票で10位にランクインするなど、早くもスター街道を歩んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る