芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

公開日: 更新日:

 山下の事情は理解できるにせよ、なぜ今更、石原と再共演なのか。それは、石原が現在置かれている状況と無関係ではない。今年4月期の主演ドラマ「恋はDeepに」(日本テレビ系)が、視聴率不振を理由に9日放送の第9話(全10話)で打ち切られた。今年で女優デビュー19年目を迎える石原にとって、連ドラの打ち切りは初めてのことだ。18年7月期の主演ドラマ「高嶺の花」(日テレ系)以降、石原は苦戦が続いている。

■本命は月9を放送したフジテレビ

「石原にダメの烙印を押そうとする向きがありますが、それはあくまで石原の主演ドラマだったらという話です。今回は綾野剛が相手役にもかかわらず大コケしましたが、配役ミスだけでなく、奇想天外なドラマの設定やファンタジー要素の多い脚本の問題も多分にありました。『石原の相手役が山下ならぜひ』と歓迎するプロデューサーや演出家は少なくありません。何せ話題性がバツグンですし、どちらも演技がしっかりしています。2人の共演ドラマは『5→9――』を放送したフジテレビが本命ですが、TBSなどの他局が手掛ける可能性も十分にあります」(ドラマ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    白鵬の五輪無断観戦は完全アウト! 焦点は協会が下す「処分の内容」だ

  5. 5

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  6. 6

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  9. 9

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  10. 10

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

もっと見る