荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<70>写真は自分の情とか相手との関係が見えるから面白い

公開日: 更新日:

東京慕情<3>

 これは渋谷の駅前の交差点だよ。そうかぁ、39年前の渋谷なんだね(1983年撮影)。オレは一人で歩くときもコースを決めないし、地図も持たないで、勘だけを頼りに歩いてたんだ。で、ふらふらと、とんでもない横丁に入っちゃったりしたんだけどね。

 作家の小林信彦さんと東京を一緒に歩いて撮影したときは、小林さんが歩くコースをつくってくれたんだよ(文芸誌「海」の1983年6月号から84年5月号に連載。後に共著「私説東京繁昌記」刊行〔1984年〕)。街の中にほんのちょっと立ち止まっているというか、通り過ぎてるだけなんだけど、肝心なとこはぽんとシャッター押しちゃってるんだ。それで、すーっと通りすぎちゃう、そーゆー撮り方なんだね。だから後で見ると面白い。通り過ぎてちょこっと見たという感じでね、文字どおり“一瞥”の写真なんだよ。

単なる記録じゃないんだよ

 これは表参道の裏通りだね。この写真は、人間の肢体ね、形が面白いね。へんてこなもんだよ、動きの瞬間を止められると。なんだかわからないんだけど、そこが面白くてしょうがないんだな。街にいる人がみんなパントマイムのようだね。セリフなしでさ、彫像になってくれるんだよ。





景色は変わっても人がいれば街は生き続ける

 雪の靖国神社と、雪の神田明神。少女は、お寺を抜けて家に帰るんだ。お寺の近所に住んでる子どもはみんなそうするんだよ。オレもそうだったから、この少女の気持ちがわかるな。

 写真は、単なる記録じゃなくて、自分の情とか相手との関係が見えるから面白いんだけど、小林さんと歩いて撮ったときの写真、“一瞥”の写真にも、しっかりと生きものとしての「東京」が写ってる。よーするに、街の景観がいくら変貌していっても、そこに住む人たちの思いは残るわけで、そーいった失われていったものや忘れられない過去にノスタルジーが生じるんだよ。街の景色は変わっても人がいれば街は生き続けるってことだね。

(構成=内田真由美)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?