著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

吉高由里子、広瀬すず、井上真央が視聴率苦戦…女優が「恋愛ドラマ」を卒業するタイミング

公開日: 更新日:

 冬ドラマも後半に入りおおむね結果は見えてきた。見逃し配信など視聴の仕方が変わっても2桁視聴率を維持する「相棒」の強さは別格。以前は模倣したようなドラマを他局が制作していたこともあったが、すでに勝負あり。

 妻夫木聡主演、藤原竜也・鹿賀丈史と同じホリプロ所属俳優が脇を固める「Get Ready!」。同じ事務所の俳優がここまで揃うのは珍しいが、視聴率は2桁前後。TBS日曜夜9時は鉄板ドラマ枠だけに、物足りない数字である。続いて9%前後で健闘しているのが西島秀俊の「警視庁アウトサイダー」、草彅剛「罠の戦争」。

 櫻井翔主演の「大病院占拠」は刑事と医療を抱き合わせた欲張りな作品だが、7%台の視聴率。コアな若い人に支持されているというが、もう少し幅広い層からの支持がないと2桁は難しい。

 今期も男優主演は刑事と医療ドラマ、そして草彅の復讐ドラマが上位を独占したが、異色のドラマもあった。竜星涼主演の「スタンドUPスタート」。投資会社社長のビジネスストーリーを描いた内容だがスタートから出遅れ。すでに3%台と後方のまま終わりそうだ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで