中居正広は12月だけで野球特番が3本も! フツーの草野球少年が“無双状態”になるまで

公開日: 更新日:

 ジャニー喜多川氏(2019年没)の性加害問題を理由に、旧ジャニーズ事務所(現SMILE-UP.)の所属タレントたちが大晦日から消えた。「第74回 紅白歌合戦」(NHK)は、44年ぶりに出場歌手が0人。20年のコロナ禍でも都内を中継で結ぶなどして25年間も続いた「ジャニーズカウントダウンコンサート」も、中止になった。

 そんななか、“辞めジャニ”のひとりである中居正広(51)がTBS系で18時から約6時間にわたって生放送される「WBC2023大晦日・生放送スペシャル」(仮)でメインMCを務めることが発表された。中居は今年も侍ジャパン公認サポートキャプテンを務め、アメリカや中国から現地リポート。試合前の大谷翔平選手(29)に声掛けするシーンは、SNSでバズった。大谷は「2023年ア・リーグMVP」に輝き、同賞93年の歴史で史上初の2度目の満票受賞。23年はそんな大谷を中心としたWBCフィーバー、阪神タイガースの38年ぶり日本一などがあって球界は沸いた。中居は、23年を締めくくるのに適任といえる。

 芸能界屈指の野球マニアで知られる中居は、小学生のころから地元の神奈川県藤沢市の草野球チームに入って汗を流す野球少年だった。将来の夢は、読売ジャイアンツの選手になること。ところが、中学生のときに右肘を負傷して断念。テレビで見た少年隊にあこがれて、旧ジャニーズ事務所へ履歴書を送って86年に入所した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

    佐々木麟太郎「米留学→2年後メジャー挑戦」に立ちはだかる高すぎる壁…パックンも辛口コメント

  2. 2
    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

    「吉本興業」と決別宣言のプラス・マイナス岩橋 SNS大荒れの背景に中島裕翔と真木よう子の“エアガン”暴露

  3. 3
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 5
    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

    NHK春の改編で旧ジャニ排除し「新しい地図」は残留…ファン激怒で“受信料ボイコット”宣言

  1. 6
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  2. 7
    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

    元横綱・白鵬ますます遠ざかる「理事長」の座…弟子の不祥事で2階級降格&報酬減額のWパンチ

  3. 8
    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

    国民としては、裏金をなんに使ったのかまで追及して欲しいわけ。

  4. 9
    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

    自民・二階元幹事長「政倫審」欠席でまさかの焼け太り…“帝国”維持へ最後のご奉公

  5. 10
    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク

    長野・白馬村の「夜の街」では英語が飛び交い…賑わいと引き換えに消えるジョッキとマイク