てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

芸歴が埋まる稀有な存在 コントによって塚地武雅が切り開いた芸人の「王道」

公開日: 更新日:

「たぶん、ドリフターズ、内村(光良)さん、次、俺やと思う!」
 (塚地武雅/テレビ東京系「あちこちオードリー」2月7日放送)

  ◇  ◇  ◇

 俳優としても引っ張りだこのドランクドラゴン・塚地武雅(52)。だが、お笑い芸人としては「後輩に憧れられる」のを諦めたという。「賞レースに出て、決勝に行ってないと、憧れてもらえない」と。

 しかし、塚地は「はねるのトびら」(フジテレビ系)を2001~12年の約11年半、「LIFE!」(NHK)を12年から現在に至るまで、その芸歴のほとんどでコント番組に出演し続ける稀有な存在。そんな自負を「自分で言いたかないけど」と前置きしつつ、叫んだ言葉を今週は取り上げたい。「オタクネタとか作り出したパイオニア」だとも胸を張った。

 そんな塚地がブレークした「はねるのトびら」に抜擢されたのは、00年に放送された「新しい波8」(フジテレビ系)への出演がきっかけだ。この番組はビートたけし明石家さんまダウンタウンナインティナインと時代を代表する芸人が年齢差8歳ごとに出現しているという、いわゆる「お笑い8年周期説」に基づき、次世代のお笑い芸人発掘を目的にした番組だった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮