二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

青井実、膳場貴子、有働由美子…元NHK3アナ新番組1カ月半で見えてきた「三者三様の課題」

公開日: 更新日:

 3人の元NHKアナが新しい番組の司会に就任して1カ月半、三者三様の課題が見えてきた。

 今年2月にNHKを退局。4月からフジテレビの報道番組「イット!」のMCに就任した青井実(43)。フジの期待を一身に受け夕方のニュース戦線に切り込んだが、最近は4%を割るなど視聴率は下落気味。日本テレビテレビ朝日TBSに次ぐ4番手と定位置からの脱出ならずにいる。

「定時のニュースは視聴習慣が顕著に出る。よほどの大物でない限り司会者の名前でニュースを見る人は少ない。青井の名前では無理があった。フジはその判断が甘かったと思う」(テレビ関係者)

 課題すらも見つからないのが現状だろうか。

 TBSの人気番組「サンデーモーニング」を36年にわたり司会を務めた関口宏が高齢もあり3月に勇退。代わって司会者に就いたのがキャスターの膳場貴子(49)だった。

 膳場は東大からNHKに入局。朝のニュース番組などを担当していたが、さほど目立つ存在ではなかった。在籍9年で退局。その後TBSと専属契約を結んだ。筑紫哲也の「NEWS23」のサブを経て今年の3月まで「報道特集」のキャスターを務めていた。「キャスターはタレントとは違う」が信念という膳場。私生活を自ら語ることはない。わかっていることは2度の離婚歴。現在、3人目の夫との間に子供がいることくらい。画面からは生活感を感じることはなく、ママになった今も、キャスターとしての存在感は十分。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ