借金を抱える小林旭を支えた内助の功 青山京子

公開日: 更新日:

 それでも青山は小林を支え続けた。「あの方のためになるのだったらそれでいいでしょう」と有り金をはたいて小林に資金提供し、一時は自宅も抵当に入れるほど。「私はただ、彼の好きなことをさせてやりたいだけなんです」という青山に、小林も「家庭がしっかりしてるからオレが自由に動き回れるんですよ。女房には本当に感謝しています」と語った。

 70年12月の映画「ネオン警察・女は夜の匂い」の主題歌「ついて来るかい」は40万枚のヒット。「あの奥さんがいたからくじけずに2度目の成功をつかんだんだよ」と関係者は口をそろえた。

 その後も小林はゴルフ場開発で負債を抱えるなど波乱が続いたが、青山の支えもあり、「昔の名前で出ています」のヒットと地方回りで乗り切っている。

◇1967年11月 1日、八郎潟干拓農地に入植開始。9日、米軍が押収した原爆記録映画が22年ぶりに返還。11日、首相の北爆支持に抗議したエスペラント活動家が官邸前で焼身自殺。25日、東映フライヤーズ監督の水原茂が辞任。後任に大下弘。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る