エロネタはテレビNG “ゲスドル”中村愛がひた走る独自路線

公開日: 更新日:

 女芸人の新ジャンルとして最近注目されているのが「下ネタ芸」。劇場やローカル局の深夜番組などでしか見られないのでメジャーなお笑い番組しか見ない人にはほとんど知られていない。そんな下ネタ芸人の中でも、ゲスいアイドル「ゲスドル」兼お笑い芸人としてネットを中心に絶大な人気を誇るのが中村愛(31)だ。

「人気の中心がネットなのは、単にテレビでは放送できないようなエロネタを得意としているからです。“濡れちゃう”とか“太くて硬いの”とか“オマンティス”とか卑猥な単語を連発しながら、ハンカチで隠した男の股間がグググ~ッと持ち上がるというようなエロいマジックが持ち芸。なかなかテレビでは活躍できませんが、地元の名古屋ではかなりの有名人です。かなり美形で巨乳なので、ネタがエロくなければもっとテレビで使いたいとは思うんですが……」(テレビ関係者)

 1986年、名古屋市生まれの中村は高校卒業後、18歳で会社の受付嬢をしながら「恋のから騒ぎ」の最年少レギュラーとなった。清純派のフリーアイドルとして地元名古屋での活動期間を経て24歳で上京。下ネタ禁止の浅井企画のオーディションに3度目で合格して、手でセックスを表現する“手ックス”などのゲスドル活動をスタートさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る