エロネタはテレビNG “ゲスドル”中村愛がひた走る独自路線

公開日:

 女芸人の新ジャンルとして最近注目されているのが「下ネタ芸」。劇場やローカル局の深夜番組などでしか見られないのでメジャーなお笑い番組しか見ない人にはほとんど知られていない。そんな下ネタ芸人の中でも、ゲスいアイドル「ゲスドル」兼お笑い芸人としてネットを中心に絶大な人気を誇るのが中村愛(31)だ。

「人気の中心がネットなのは、単にテレビでは放送できないようなエロネタを得意としているからです。“濡れちゃう”とか“太くて硬いの”とか“オマンティス”とか卑猥な単語を連発しながら、ハンカチで隠した男の股間がグググ~ッと持ち上がるというようなエロいマジックが持ち芸。なかなかテレビでは活躍できませんが、地元の名古屋ではかなりの有名人です。かなり美形で巨乳なので、ネタがエロくなければもっとテレビで使いたいとは思うんですが……」(テレビ関係者)

 1986年、名古屋市生まれの中村は高校卒業後、18歳で会社の受付嬢をしながら「恋のから騒ぎ」の最年少レギュラーとなった。清純派のフリーアイドルとして地元名古屋での活動期間を経て24歳で上京。下ネタ禁止の浅井企画のオーディションに3度目で合格して、手でセックスを表現する“手ックス”などのゲスドル活動をスタートさせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る