STU48瀧野由美子「水着は布が少なくてどこを隠していいのかわからない!」

公開日: 更新日:

 STU48の不動のセンター、瀧野由美子(24)が自身の誕生日でもある9月24日、ファースト写真集「君のことをまだよく知らない」(講談社)を発売した。山口の実家など、ホームの瀬戸内でも撮影。「点数をつけるとしたら200点満点」という瀧野を直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 写真集には制作から関わったそう。

「地元山口や水着撮影に沖縄で撮影したいとリクエストさせていただきました。和装姿は実家で、着物は母に着付けてもらって撮影したり、かなりアットホームな内容になりました。自分で写真も選んだので、お気に入りは全部です!」

 初の水着姿はスタイルの良さが話題に。美脚にファンもザワついた。

「写真集が決まって、初めてパーソナルジムに通いました。いつもは朝が苦手で集合時間ギリギリなのですが、写真集のために早朝にジムに通うようになって、シャキッとした状態で集合時間に待つように変わって、STUのメンバーが驚いていました」

 撮影はどうだった?

「衣装は膝丈スカートが多いので、水着やランジェリーは布が少なくてどこを隠していいのかわからなくて(笑い)。女性が気になる、くびれを美しく見せるように頑張りました。今回、ファッション誌で活躍されている方がメークを担当されたので、いつものアイドル顔と違う表情が出て、自分でも満足しています」

 STUにとってコロナ禍はマイナスではないそう。

「もともとAKBグループの中で動画配信が一番多く、東京にいるキャプテンの岡田奈々さんとも距離を気にせずコミュニケーションが取れていたので、ステイホームを機会にむしろファンの方とより仲良くなれたかなって思っています」

 今後やりたいことは?

「20日に発売する『ヘタレたちよ』ではセンターを務めさせていただくのですが、奈々さんがSTUとして最後のシングルになるので、1期生の私たちが頑張らなきゃと思っています。今回の撮影で、演技のお仕事やファッション誌でモデルとか、ソロのお仕事もやってみたくなりました。24歳を記念した自信作なので、ぜひ写真集見てくださいね!」

■プレゼント

 直筆メッセージ入り写真集をプレゼント。希望者は、はがきに①好きなタレント、嫌いなタレントとその理由②氏名③住所④電話番号⑤年齢⑥職業を明記の上、〒104―8007 日刊ゲンダイ芸能編集部「瀧野由美子プレゼント」係まで(10月20日必着)。賞品の発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず