著者のコラム一覧
小林ひろみメノポーズカウンセラー

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

中高年は多彩なラブグッズの使用で新しいスタイルの性交を

公開日: 更新日:

「肌の老化」や「肉体の劣化」は、商品広告などでよく使われるワードです。しかし、人は生まれてから死ぬまで体の変化を続けているだけ。私は老化や劣化ではなく、ただの「変化」と思っています。

 その体の変化の中で起きるセックスの痛みは中高年の女性に表れます。個人差はあるものの、閉経によりエストロゲンの分泌が減少すると性器の弾力や潤いが少なくなるのは自然な変化なのです。男性でも10年前、20年前と比べて勃起力が落ちた人もいるでしょう。どちらも医療機関に相談でき、薬で対処できることもあります。

 しかしここで注目したいのは、お互いの体が変化していて、かつ妊娠を望んでいないのに、勃起・射精のセックスにこだわる必要があるのか、ということ。

 セックスは、カップルの自由スタイルであるべきです。中高年の女性が性器の乾きを感じる時、少しの刺激でも痛みや時には出血を伴うことがあります。挿入しなくても、クリトリスなどの外性器への刺激で気持ち良さを感じる女性は多い。勃起・射精は「マスト」ではありません。勃起力を取り戻そうとED治療薬を飲む中高年男性もいますが、パートナーの女性はそれを全く求めていないかもしれません。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」