著者のコラム一覧
小林ひろみメノポーズカウンセラー

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

今でも全力でセックスを楽しめめている熟年夫婦の共通点

公開日: 更新日:

 心からセックスを楽しめたことがない――。セックスで痛い人の多くは、こう言います。しかし、それを心底不思議がる友人が身近にいます。

 友達のRは高校時代からの同級生と付き合い結婚。今年で53歳ですが、夫とのセックスは、いつでも全力で楽しめているそうです。

「全力」という言葉を理解できない私に、「終わった後は2人とも抜け殻になる」と笑うR。夫婦2人暮らしなので、思う存分に声をあげ、畳の上を転がりながら楽しむそう。そして、お互いが本当にしたいと思う時だけしようと約束していて、ついにセックスしたい気分が2人重なる日が1年に1回になってしまった。でも、全力で何度も気持ちよくなるセックスだから問題ないという驚きの言葉。30年も続く付き合いで楽しさを維持する秘訣を聞くと、普段の会話が多く、お互いにオープンに話せると言います。同い年でも夫婦でお互いを尊重し、気に掛け合うすてきな夫婦です。

 3人の子持ちのAさんは、子供が留守の時は、夫とベッドルーム以外でのプレーを楽しむという仲良しぶり。Rと同様、夫婦の会話が多く、セックスについてもオープンにしていると言います。大病を患ったAさん。病後、回復しても一時セックスをする気力がなくなった時も、再開する心の準備ができた時も、率直に夫に伝えたそうです。夫も仕事が忙しい時は「残業続きだから察してね」ではなく、きちんと言葉で「しばらくセックスできない」と伝える。「面倒だけど、相手を気に掛けるコミュニケーションの努力なしで、楽しいセックスはできない」と、Aさんは私にアドバイスしてくれました。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」