著者のコラム一覧
天野篤順天堂大学医学部心臓血管外科教授

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「天職」(プレジデント社)、「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

病気を見つけるためにトイレの自動洗浄機能はオフにしておく

公開日: 更新日:

 冬のトイレは血圧が急激に上下動する条件が揃っている。前回、そうお話ししました。トイレ内外の温度差、いきみ、前かがみにしゃがみ込む姿勢、ストレスなどがそれに当たり、心臓にトラブルを抱えている人、高血圧の人、加齢で心機能が低下している高齢者、不十分な暖房による低体温で末梢循環を悪くしている独居者などは、十分に注意する必要があります。

 和式から洋式が一般的になったことで心身の負担が軽減し、心臓トラブルを引き起こす要因も少なくなったことにも触れましたが、洋式では逆に自身の健康管理のための機会を逃してしまっているケースがあります。

 近年、洋式の便器は「自動洗浄機能」が付いたタイプが増えています。用を足した後、自動で水が流れるシステムで、洗浄レバーを操作するひと手間を省略し、流し忘れの心配もない便利な機能です。

 ただ、使用者の意思に関係なく流れてしまうため、自分の便や尿を確認することができなくなってしまうのです。

 便や尿の性状は、自身の健康に関するとても重要なバロメーターになります。自分が食べたり飲んだりしたものに対し、排出されたものはどんな状態なのか……便や尿の色、形状、においなどは、いまの自身の健康状態を反映していますし、病気の早期発見にもつながります。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで