著者のコラム一覧
石原藤樹「北品川藤クリニック」院長

信州大学医学部医学科大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

高血圧とお酒の関係…量だけでなく種類も影響するのか?

公開日: 更新日:

 高血圧は生活習慣病と呼ばれています。血圧が上がる原因は体質などさまざまですが、食事運動などの生活習慣が大きく影響することが分かっているので、そうした呼び方がされているのです。

 塩分の摂り過ぎや肥満、運動不足などが高血圧の原因となることは、専門家の間でも見解が一致していますが、お酒の影響についてはまだ見解は割れています。「お酒を飲む量が多いほど血圧が上昇する」という研究結果は複数ありますが、お酒の種類によってその影響が違うのかについては、一致した結論に至っていません。赤ワインには動脈硬化を予防するような働きのあるポリフェノールが含まれていて、血圧には影響を与えない、というようなデータもあるからです。

 今年のアメリカの内科専門誌に掲載された論文では、デンマークにおける10万人以上を対象とした大規模な疫学研究の結果が発表されています。それによると、アルコールをたくさん飲む人は、飲まない人と比較して、その量が多いほど血圧値は上昇していました。

 ここでお酒を、赤ワイン、白ワイン、ビール、醸造酒などに分けて分析すると、お酒の種類と血圧との関係には大きな差はなく、どのお酒でも同じように血圧の上昇が認められました。「お酒は適量に」というのが健康のためには重要なことで、お酒の種類で健康への影響は大きく変わらないものであるようです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで