著者のコラム一覧
下山祐人あけぼの診療所院長

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

「ものにときめいて刺激を受けられるなんて今のうちよ!」83歳の女性患者からのアドバイス

公開日: 更新日:

 訪問診療の現場ではたびたび人生の先輩方からアドバイスをいただきます。

「私なんてもう切り干し大根みたいになっちゃった! 時間の流れはあっという間よ~。ものにときめいて刺激を受けられるなんて若いうちにしかできないんだから、今を大切にしなさい!」

 先日はこんなお言葉を。

 83歳の女性患者さんで、心房細動を患っている方です。この病気は、心臓の中にある心房という部位に異常な電気信号が起こることで、不整脈やそれにともなう息切れや倦怠感などの症状が出ます。

 血圧を低くする薬を内服しており、たまに薬の効果が強く出過ぎて血圧が低くなり、めまいを起こすことがあります。どのタイミングで、どの薬を、どの程度飲むべきかを気にかけていて、そのたびに相談の電話をいただいていました。

 ある日などは、「今日は大学病院に検査を受けに行く日。今は血圧が低いから薬を飲んだらめまいがする可能性があるけど、逆に移動して血圧が高くなる可能性もあるし、不安に思っている。だけど大学の先生にはなかなかじっくり相談できない」と、通院する前に当院に電話をいただいたこともありました。その時は具体的な血圧の数値を出しながら、基本的にご自身でご判断していただいて、不安な時は中止して大丈夫だとお伝えしました。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで