中国「防空識別圏」問題 民間航空機は本当に安全か

公開日:  更新日:

 中国が東シナ海に尖閣諸島を含む防空識別圏を設定した問題では、政府の対応に民間航空会社が振り回された。ANA、JAL、ピーチ・アビエーション、日本貨物航空の4社は、当初、安全を考慮して中国当局に飛行計画を提出し始めたが、政府の「要請」を受け27日から中止した。その経緯はどうにもわかりにくい。安倍政権のメンツが優先されたように見えるのだ。

 中国当局に飛行計画を提出することになった経緯を、ANAやJALはこう話す。

「中国の航空当局から『防空識別圏を設定したので、そこに入る場合は通告せよ』とノータムがありました。ノータムとは、安全運航上必要な注意喚起の情報で、各国の航空当局が出す。これが出た以上、従わざるを得ないという判断でした」

 しかし、これを知った官邸が激怒する。菅官房長官が26日の記者会見で「官民一致して対応すべき」と発言、航空会社も中国に対して強い態度で臨むよう促した。その後、外務省の斎木次官が中国の程駐日大使から「民間機の飛行の自由を妨げない」という回答をもらったことを受け、航空各社は「安全運航への懸念はなくなった」として、飛行計画提出の中止を決めたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る