年収300万円が一番幸せな「プア充部下」 上司はどこに気をつける?

公開日: 更新日:

 欲を言い出せばキリがない。だったら年収300万円で、無理せず規則正しい生活をするほうがずっと幸せ――。そんな生き方を「プア充」(貧乏だけど充実)というそうだ。名付け親は、宗教学者の島田裕巳氏である。

 物心ついた時から不況しか知らない“さとり世代”にとって、「年収300万円でもいい」のではなく、「年収300万円がいい」になる。これなら会社に振り回されず、自分の生活を大事にする生き方ができるからだ。

 確かに、今の日本は公的サービスやインフラも充実している。年収300万円でも街灯の明かりは年収1億円の人と同じに照らしてくれるし、信号の青の時間も平等だ。

 ただし、みんながプア充を目指してしまうと、当然ながら公的サービスは低下する。年収300万円の人は、ほとんど税金を納めないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る