年収300万円が一番幸せな「プア充部下」 上司はどこに気をつける?

公開日:  更新日:

 欲を言い出せばキリがない。だったら年収300万円で、無理せず規則正しい生活をするほうがずっと幸せ――。そんな生き方を「プア充」(貧乏だけど充実)というそうだ。名付け親は、宗教学者の島田裕巳氏である。

 物心ついた時から不況しか知らない“さとり世代”にとって、「年収300万円でもいい」のではなく、「年収300万円がいい」になる。これなら会社に振り回されず、自分の生活を大事にする生き方ができるからだ。

 確かに、今の日本は公的サービスやインフラも充実している。年収300万円でも街灯の明かりは年収1億円の人と同じに照らしてくれるし、信号の青の時間も平等だ。

 ただし、みんながプア充を目指してしまうと、当然ながら公的サービスは低下する。年収300万円の人は、ほとんど税金を納めないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る