他国は有名ブランドなのに…日本選手団ユニホーム“味気なさ”の理由

公開日: 更新日:

 開会式のテレビ中継を見ながら、「オシャレじゃないなあ」と感じた向きも多かったのでは。日本選手団のユニホームのことだ。白のウオームコートに紺のパンツという、ごくシンプルなコーディネート。「まるで警備員みたい」という声もあった。

 イタリアはアルマーニ、フランスはラコステ、米国はラルフローレン……海外勢は自国ご自慢の有名ブランドでビシッと格好よく決めていたし、地元ロシアはマトリョーシカ人形をイメージしてデザインした衣装で登場した。対照的に日本代表は、やはり地味だった。

「日本代表のユニホームを提供するデサント社には、カラフルでおしゃれなデザイン案が幾つかあったのです。ところがJOCサイドから、シンプルでどこからも文句が出ない、万人受けするようなものにして欲しいという要望があり、ほとんど却下されたそうです」(五輪関係者)

 もちろん、たかがユニホームではある。競技で勝てば文句はないが、ファッションでは世界のトレンドに後れを取ってしまっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  2. 2

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  3. 3

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  4. 4

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  5. 5

    【Q】このまま一生、女性と縁のない人生に耐えられない

  6. 6

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  7. 7

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  8. 8

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  9. 9

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  10. 10

    プロ野球6.19開幕めぐり…舞台裏で飛び交った数々の怪情報

もっと見る