他国は有名ブランドなのに…日本選手団ユニホーム“味気なさ”の理由

公開日:  更新日:

 開会式のテレビ中継を見ながら、「オシャレじゃないなあ」と感じた向きも多かったのでは。日本選手団のユニホームのことだ。白のウオームコートに紺のパンツという、ごくシンプルなコーディネート。「まるで警備員みたい」という声もあった。

 イタリアはアルマーニ、フランスはラコステ、米国はラルフローレン……海外勢は自国ご自慢の有名ブランドでビシッと格好よく決めていたし、地元ロシアはマトリョーシカ人形をイメージしてデザインした衣装で登場した。対照的に日本代表は、やはり地味だった。

「日本代表のユニホームを提供するデサント社には、カラフルでおしゃれなデザイン案が幾つかあったのです。ところがJOCサイドから、シンプルでどこからも文句が出ない、万人受けするようなものにして欲しいという要望があり、ほとんど却下されたそうです」(五輪関係者)

 もちろん、たかがユニホームではある。競技で勝てば文句はないが、ファッションでは世界のトレンドに後れを取ってしまっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る