自転車事故の損害賠償 ベストの対処法は?

公開日: 更新日:

 自転車事故で加害者になるケースが増えている。相手にケガをさせたり死亡させたりした時の損害賠償額は増加の一途だ。昨年7月には神戸地裁で、60代の女性を自転車ではねて寝たきりにさせた小学5年生(事故当時)の親に、約9500万円の支払いが命じられて注目された。自転車には自賠責の加入義務がない。万が一の事態に備えるベストの対処法は?

■自動車保険・火災保険に特約を付ける

「一番いいのは、すでに入っている自動車保険や火災保険に『個人賠償責任特約』を付けることです」

 こう言うのは日本損害保険協会の担当者だ。

「個人賠償責任特約」とは、契約者本人とその家族の“日常生活における偶然な事故”に対して、支払うことになった損害賠償金を補償する特約のこと。子どもがケンカ相手にケガをさせた、ペットが通行人に噛みついた、買い物中にうっかり商品を壊したなどの場合の備えに加入する人が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る