自転車事故の損害賠償 ベストの対処法は?

公開日: 更新日:

 自転車事故で加害者になるケースが増えている。相手にケガをさせたり死亡させたりした時の損害賠償額は増加の一途だ。昨年7月には神戸地裁で、60代の女性を自転車ではねて寝たきりにさせた小学5年生(事故当時)の親に、約9500万円の支払いが命じられて注目された。自転車には自賠責の加入義務がない。万が一の事態に備えるベストの対処法は?

■自動車保険・火災保険に特約を付ける

「一番いいのは、すでに入っている自動車保険や火災保険に『個人賠償責任特約』を付けることです」

 こう言うのは日本損害保険協会の担当者だ。

「個人賠償責任特約」とは、契約者本人とその家族の“日常生活における偶然な事故”に対して、支払うことになった損害賠償金を補償する特約のこと。子どもがケンカ相手にケガをさせた、ペットが通行人に噛みついた、買い物中にうっかり商品を壊したなどの場合の備えに加入する人が多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  6. 6

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る