今度は死傷者25人…「無呼吸」運転手なぜいなくならない?

公開日:  更新日:

 北陸自動車道のサービスエリアで駐車していたトラックに突っ込んで乗客ら25人を死傷させた「宮城交通」の小幡和也運転手(37=死亡)は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)だったとみられる。

 これまでにもSASに関連する事故が繰り返されている。病気の怖さは周知されたはずなのに、SASの運転手がいなくならないのはなぜか。

「RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック」の白濱龍太郎院長が言う。
「SASの症状は、イビキと日中の眠気が特徴的で、知らない人はいません。でも、だからといって、自分でSASを疑って受診する患者さんは5割ほど。つまり、5割は気づかないか、気づいても無視しているのです。健診などで『SASの疑い』を指摘されても、本人に自覚がなければ受診する可能性は低い」

 大イビキをかく人は、概して太っている。SASは肥満の人に多いとされるが、それでも男性で5割、女性で3割ほど。患者の中にはモデル並みに細い人もいて、小幡運転手も太ってはいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る