今度は死傷者25人…「無呼吸」運転手なぜいなくならない?

公開日: 更新日:

 北陸自動車道のサービスエリアで駐車していたトラックに突っ込んで乗客ら25人を死傷させた「宮城交通」の小幡和也運転手(37=死亡)は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)だったとみられる。

 これまでにもSASに関連する事故が繰り返されている。病気の怖さは周知されたはずなのに、SASの運転手がいなくならないのはなぜか。

「RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック」の白濱龍太郎院長が言う。
「SASの症状は、イビキと日中の眠気が特徴的で、知らない人はいません。でも、だからといって、自分でSASを疑って受診する患者さんは5割ほど。つまり、5割は気づかないか、気づいても無視しているのです。健診などで『SASの疑い』を指摘されても、本人に自覚がなければ受診する可能性は低い」

 大イビキをかく人は、概して太っている。SASは肥満の人に多いとされるが、それでも男性で5割、女性で3割ほど。患者の中にはモデル並みに細い人もいて、小幡運転手も太ってはいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  3. 3

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る