反日感情は心配なし 「中国に就職」成功者3人の証言

公開日: 更新日:

 消費税や社会保険料はドンドンアップするのに、年金は減少するばかり。このままでは暮らせない。そうお嘆きの中高年も多いのではないか?ならば、日本を飛び出し、あえて中国での職探しをしてはどうか?

 中国で働くというと、まず思い浮かぶのが“反日感情”だろう。ところが、中国では、政治的な反日姿勢と国民感情は大きく乖離(かいり)しているという。

■中国人ベースの賃金で生活できる

 高橋登さん(68歳)が上海に来たのは尖閣で日中が険悪になった2011年。日中関係が悪化しようがビジネスは簡単に「止まらない」という思いがあったからだ。

 65歳で再雇用先を定年。1部上場の機械メーカーで製造ラインを知り尽くしていた高橋さんは、中国の日系工場は「自分の価値を認める」と考えた。ところが、日系企業は逆に本社規定の年齢を超えて採用しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  4. 4

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  5. 5

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  6. 6

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  7. 7

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  8. 8

    元ヤン公表が裏目…木下優樹菜は“現役ヤンキー”発覚で窮地

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る