• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

反日感情は心配なし 「中国に就職」成功者3人の証言

投稿日:  更新日:

 消費税や社会保険料はドンドンアップするのに、年金は減少するばかり。このままでは暮らせない。そうお嘆きの中高年も多いのではないか?ならば、日本を飛び出し、あえて中国での職探しをしてはどうか?

 中国で働くというと、まず思い浮かぶのが“反日感情”だろう。ところが、中国では、政治的な反日姿勢と国民感情は大きく乖離(かいり)しているという。

■中国人ベースの賃金で生活できる

 高橋登さん(68歳)が上海に来たのは尖閣で日中が険悪になった2011年。日中関係が悪化しようがビジネスは簡単に「止まらない」という思いがあったからだ。

 65歳で再雇用先を定年。1部上場の機械メーカーで製造ラインを知り尽くしていた高橋さんは、中国の日系工場は「自分の価値を認める」と考えた。ところが、日系企業は逆に本社規定の年齢を超えて採用しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る